スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--



考察メモ


会社でボーっとうちの子の好きという感情や
相手への想いをまとめてたので、メモで置いときます。
個人用記事です
(随時増えていきますがあまり気にせず)




絽來

【好きなところやその過程】
一目惚れと思う所以。
未来分岐として花冠があって、オカンと出会った時に【この人と死ぬ瞬間を共にしたい】という無意識の感情が生まれる。
イコールそれが一目惚れと思う部分。
ただ本人は最初それに気付いて無い(でも一緒にいたいと思ってしまう不思議な感覚になってるとおもう)
けれど部隊に入ってからは、曖昧な気持ちが確立していく。

・面倒見が良いところ
・本当は凄く優しいところ
・芯がしっかりしてるところ
・家庭的なところ
・実はブラコンというギャップ

最初は気付かなかったオカンの良い部分を知っていって、惹かれていく。

付き合ってからは、
本当は甘えたいのに素直に甘えれないところとか、なんだかんだ言って受け入れてくれるところとか、オカンが自分で気づいてないオカンの本質を見て、もっと好きになる。(オカンが自分だけに見せる顔が可愛くてしかたない感じ)

次第にオカンが背負うものを二人で分けたい、オカンが夏草家に縛られるのを自分がどうにかしたい、と二人の未来を見据えるようになる。


【学母】
まだ付き合いたての時期というのもあって、若干の浮かれと不安(自分が一緒にいていいのか)がある。
結果、気持ちの余裕が無く夏草蓮殺害の洗脳も簡単にされてしまう。

小説であったとおり、意識が戻った後オカンにここに残るから置いてって、と言ったのは絽來なりの別れの意味なのかなと考察した。
裏切ってしまったから一緒にいれない、最愛の人の首を締めた、傷つけた事、全部含めて償うから、ここでさようなら、みたいな。
最期に一目会えて嬉しいけれど、出来るならこのまま死にたいと思ったのかもしれない。

結果はオカンに連れ戻して貰い、皆優しく迎えてくれる事にはなるけれど、暫くは立ち直れないし、オカンとも距離を置こうとするのかな...自分から離れようとしたりすると思うけれど、オカンが救ってくれた命なのに、オカンの為に使わないという選択は無い、という所まで行き着いて欲しい。
心からの忠誠と、自分の全てをオカンにあげたいと思い、オカンの為に自分の命は大事にしよう。という考えになる。(それまでは自分の命は軽いものと思っていた)

そういう成長も、オカンのお陰で出来たと自覚して、自分はこの人と一緒に生きようと強く思う。




鳴志





ゲス山


先生
スポンサーサイト
com(0) - 2015.07.13


comment


comment form

 管理者にだけ公開する

category
 学戦絵 (118)
 学戦戯言 (23)
 さくらの日記 (3)
 版権 (1)
 未分類 (78)


 2016/09 (1)
 2016/08 (1)
 2015/11 (4)
 2015/10 (3)
 2015/09 (4)
 2015/08 (5)
 2015/07 (5)
 2015/06 (3)
 2015/05 (5)
 2015/04 (8)
 2015/03 (6)
 2015/02 (7)
 2015/01 (12)
 2014/12 (6)
 2014/11 (16)
 2014/10 (7)
 2014/09 (4)
 2014/08 (16)
 2014/07 (36)
 2014/06 (1)
 2014/05 (1)
 2013/10 (8)
 2013/09 (3)
 2013/08 (5)
 2013/07 (7)
 2013/06 (11)
 2013/05 (19)
 2013/04 (17)
 2011/12 (1)
 2011/08 (1)

link
 adimin


profile
 author : 樹村ろこ
 主に落描き投下してます。
最近は学生戦争(交流)にどっぷりなので、それ関係の絵やら文やら思った事など呟いたりしてます。一日に何度も更新したり何日もしなかったりまちまち。


RGB.com
http://mimikakilove.blog.fc2.com/




/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。